>

自分を宣伝する能力

得意なことを伝えよう

税理士に依頼したい時に、得意分野を調べる人が多いです。
自分が依頼したいジャンルを得意とする税理士に、相談したいと考えているでしょう。
ですからジャンルがわかりやすくホームページに記載されていれば、信頼されます。
ホームページに詳しく情報を書いておきましょう。
依頼人はホームページを見ることで、情報収集ができます。

それなのに何も情報が書かれていないと、怪しい税理士だと思われてしまいます。
ホームページの印象は、非常に重要です。
信頼されるよう、具体的に得意なことを書いておきましょう。
すると依頼人を、順調に増やすことができます。
依頼人がなかなか増えない人は、アピールが足りないのかもしれません。
もっと宣伝しましょう。

経験を記載しておこう

どのくらい、税理士として活躍しているのかも伝えてください。
経歴が長いことは、そのまま信頼性に繋がります。
長年税理士として活躍している人だと伝われば、依頼人は安心して相談してくれるでしょう。
依頼数を、ホームページに書くこともおすすめです。
これまでに受けた依頼が少ないと、信頼できない税理士だと思われます。

マイナスなイメージを持たれないよう、工夫してホームページを作ってください。
今は、ネットで情報収集をする人が増えています。
ですからホームページを作ることは、絶対だと考えてください。
自分に興味を持ってくれた人がいても、ホームページがないと怪しいと判断されます。
定期的にホームページを、更新することも忘れないでください。


この記事をシェアする